事例1(遠方に住んでいて管理できない)

相談者Yさん(60代女性、関東に在住)

現在関東某県に在住。太宰府市に実家があり、現在は家がどこにあるかわからないほどの蔦に覆われた荒れ放題の空き家である。
あまりの荒れ放題っぷりに、近隣から苦情が入るも、なかなか太宰府に帰ることもできないため、どうしていいかわからず協議会に問い合わせが入った。

協議会の対応

  • 壊れたシャッターに南京錠を取り付け
  • 草刈り
  • たまっていた郵便を仕分けして郵送
  • 「太宰府市空き家予防推進協議会管理中」の看板を取り付け
  • 毎月定期的な空気の入れ替えと写真を撮って報告書を送付(5,000円/月~)


家のこと、離れていると
不安が大きくなりますよね。どこに相談していいかわからない、という時はまずはご相談ください。

まずはお気軽にご相談ください!

インスタグラム、Facebookもやってます!

  • Instagram

    太宰府北谷地区での活動や、普段の活動を紹介しています。協議会の活動をのぞいてみてください。

    Instagram