空いている隣の実家を有効活用したい

相談者Nさん(60代男性)

同じ敷地内に自分たち家族の家(2階建て)と平屋の親の家がある。

両親が他界し、平屋の家が空き家となってしまった。

家が横なので、風通しをしたり管理はしているが、もったいないので何か有効活用できないか相談、アイデアがほしい。

 

協議会の対応

その所有者Nさんの現在の活動などを聞き取りする中で

他市町村などで「かずら工芸教室」をボランティアで行っているとの事がわかり

かずら教室を空き家を使って行うことを決め、

かずら工芸(籠作り)に興味がある人を協議会が募集し集客し実現。

Nさん宅から歩いてかずらを参加者と採取し、Nさん宅にて籠を制作。

 

実家を有効活用してほしいと思ってる方は、一度協議会にご相談ください。

 

まずはお気軽にご相談ください!

インスタグラム、Facebookもやってます!

  • Instagram

    太宰府北谷地区での活動や、普段の活動を紹介しています。協議会の活動をのぞいてみてください。

    Instagram